言いたいことは山のごとし(^^)

ブログ紹介

はじめまして。ご閲覧ありがとうございます。イクラと申します。

 

本ブログ「きれいなハネ振興委員会」は、ポケモンのレーティングバトルや対戦オフで使用した構築紹介、或いは単体考察記事、またオフレポの投稿が主になっています。

 

ご意見、ご質問等は Twitter @Tlele8 にて受け付けております。構築内容に関するご質問等、お気軽にお寄せください。

以下、過去記事一覧になります。ぜひご覧ください。リンクはフリーですが、ひと声掛けていただければ喜んで宣伝します!

 

 

過去記事一覧

ウルトラサン・ムーン

S7

【USM:S7シングル】ステロメタグロス始動積み展開【最終2004/最終1943】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20180110125030p:plainf:id:squirtle328:20180120003050p:plainf:id:squirtle328:20180120003029p:plainf:id:squirtle328:20180110125038p:plainf:id:squirtle328:20180110124948p:plainf:id:squirtle328:20180110125000p:plain

 

サン・ムーン

◇レーティングバトル

S5~S6

【ポケモンSM S5,S6使用構築】POWER PRESSING!!【S5最高1946】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170115171758p:plainf:id:squirtle328:20170507011109p:plainf:id:squirtle328:20170717221648p:plainf:id:squirtle328:20170207102506p:plainf:id:squirtle328:20170207100658p:plainf:id:squirtle328:20170507004344p:plain

 

S4

バトン先図太いHB霊獣ボルトロスのすゝめ【S4最高1992最終1911】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170717221648p:plainf:id:squirtle328:20160829164509p:plainf:id:squirtle328:20170115171559p:plainf:id:squirtle328:20170116171558p:plainf:id:squirtle328:20170321114427p:plainf:id:squirtle328:20170321114417p:plain

 

S2

【ポケモンSM S2最高2018】上から下から高火力で殴るだけ feat.カバリザ【最終2003】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170207100658p:plainf:id:squirtle328:20170321112102p:plainf:id:squirtle328:20170321114411p:plainf:id:squirtle328:20170321114417p:plainf:id:squirtle328:20170321114427p:plainf:id:squirtle328:20170321114430p:plain

 

S1

【最高・最終2012】スパーキングギガ・テテフと愉快なUBたち【ポケモンSM シーズン1】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170207100624p:plainf:id:squirtle328:20170117164055p:plainf:id:squirtle328:20170104182034p:plainf:id:squirtle328:20170104182045p:plainf:id:squirtle328:20170104182057p:plainf:id:squirtle328:20170104182102p:plain

 

 

◇対戦オフ(オフレポ含みます)

May 2017

Battle Freak Competitionで予選落ちした人が色々あって一部手書きでオフレポを書いたお話 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainf:id:squirtle328:20170506182041p:plainf:id:squirtle328:20170422215719p:plainf:id:squirtle328:20170321143251p:plainf:id:squirtle328:20170207100624p:plainf:id:squirtle328:20170506182113p:plain

 

April 2017

【第1回ちゃまオフ4位】使用構築「危機回避して影をキャッチ!」紹介兼オフレポ【ポケモンSM】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170422215719p:plainf:id:squirtle328:20170422215801p:plainf:id:squirtle328:20170422215817p:plainf:id:squirtle328:20170422215826p:plainf:id:squirtle328:20170422215809p:plainf:id:squirtle328:20170422215841p:plain

 

February 2017

【第9回ぽちゃオフ】オフレポ&簡易構築紹介【予選リーグ1位通過・ベスト8】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170210173221p:plainf:id:squirtle328:20170210173229p:plainf:id:squirtle328:20170210172924p:plainf:id:squirtle328:20170210172625p:plainf:id:squirtle328:20170207100624p:plainf:id:squirtle328:20170207102506p:plain

 

オメガルビーアルファサファイア

S17

【ポケモンORAS シーズン17使用構築】 ラティオスクチート 【供養記事】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20160913164254p:plainf:id:squirtle328:20170115172157p:plainf:id:squirtle328:20170115171559p:plainf:id:squirtle328:20160913164407p:plainf:id:squirtle328:20160913164424p:plainf:id:squirtle328:20160913164433p:plain

 

S13

【ポケモンORAS シーズン13使用構築】 最終日追い込み系マンダマンムー 【最終・最高2010】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20160829164506p:plainf:id:squirtle328:20160829164509p:plainf:id:squirtle328:20160829164512p:plainf:id:squirtle328:20160829164515p:plainf:id:squirtle328:20160829164517p:plainf:id:squirtle328:20160829164519p:plain

【USMシングル】レッドカード慎重トリッキュ【単体考察】

あいさつ

どうもこんにちは。イクラです。

今回は昨年の夏~秋にかけて使用していた一風変わったミミッキュについて、脳内で思考を整理するという意味も込めてここで紹介したいと思います。

 

 

~考察~

前提

前提として、このミミッキュを採用する際の選出パターンについて、「速くて範囲の広いor高火力のエース※①」+「このミミッキュ」+「トリル下のエース※②」とします。サイクルや積み構築の裏選出、或いは切り返し手段として採用されることを想定としています。

例えば…

※①「速くて(およそS100以上)範囲の広いor高火力のエース」→f:id:squirtle328:20180120003050p:plainf:id:squirtle328:20170717221648p:plainf:id:squirtle328:20171208182608p:plainf:id:squirtle328:20180120003029p:plainf:id:squirtle328:20170321112102p:plainなど

※②「トリル下のエース」→f:id:squirtle328:20170718102102p:plainf:id:squirtle328:20180208223251p:plainなど

(念を押して言いますがあくまでも一例です)

 

 

コンセプト

前項の"前提"において述べた、「速くて範囲の広いor高火力のエース」が相手の後出ししてきた、或いは死に出ししてきたポケモンに起点にされたとしても、それをミミッキュの皮を盾に受け、レッドカードを発動させ"相手の積みポケモンを流しつつ" "相手のトリックルーム展開の阻止を妨害する"こととしています。

すなわち、「此方のトリル展開に対して"積みの手段によって"有利に出ようとする」相手に対して安定して切り返し、こちらのトリックルーム展開を安全に行うことができます

そのため、このミミッキュの"皮"はレッドカードを発動させるための盾であることが多いです。そして、その後続の(レッドカードによって戦闘に引きずり出された)ポケモンの攻撃を一発耐えるほどの耐久力が必要になります。(皮がない状態でトリルを敷けていない、呪いを入れて後続のトリル下エースの技の圏内に入れたいため)

また、この型のミミッキュは基本的に"使い捨て"のため、一度トリックルームを敷いた後は早急に退場することが好ましいです。

 

 

型紹介

f:id:squirtle328:20180208231739j:plain

調整意図:H→偶数且つ最大(のろい2回で退場できるため)

HB→ 余り、A+1特化メガギャラドスたきのぼり確定耐え

HD→ C222タイプ一致シャドーボール(メガゲンガーギルガルド)乱数1発(6.3%)

 

 

技構成について

トリックルーム … 言うまでもなくコンセプトのため必須です。

のろい … 先述した通り、トリルを敷いた後早急な退場が求められるため必須となります。相手のHPを削ってトリルエースの技の圏内に押し込むこともできて器用。

かげうち … 僅かにHPが残っているポケモンを処理するのに便利。あるのとないのとでは勝敗に直結する場面が多いです。(襷で残りHP1のキノガッサなど…かげうちがないと胞子が決まるので)

じゃれつくorシャドークロー … ある程度の単体性能を維持するため、また(メガボーマンダの身代わりなど)トリルエースにとって邪魔な身代わりを排除するためにもあると良いですが、火力に微塵も振っていないので大ダメージは期待しないが吉。

 

非推奨技

おにび … 相手の物理アタッカーを火力面で機能停止に追い込めますが、逆に言えば相手のポケモンの火力が低下することでこのミミッキュの場持ちがかえって良くなってしまい、トリルターンをミミッキュが居座ることで無駄に消費してしまいます。このポケモンのコンセプトと矛盾するので非推奨としています。

 

 

レッドカードの使い方

主に相手の積みエースに対して投げて退場させます。どれだけランクが上がっていようと皮を盾にノーダメージでレッドカードを発動させられるのがポイント。例を挙げると

f:id:squirtle328:20180208231940p:plainf:id:squirtle328:20180208231956p:plainf:id:squirtle328:20180208232008p:plainf:id:squirtle328:20180120003029p:plainf:id:squirtle328:20180110124948p:plainf:id:squirtle328:20171227222646p:plain(順適当)

など、よく積み構築のエースとして採用されるポケモンに対してストッパーとしての役割を持つことができ、トリックルーム展開を成功の補助も担います。

また、通常のミミッキュではストッパーになりえない積みエース(剣舞メガハッサム)や、イーブイ等のバトン展開の阻害も可能です。

 

 

主な被ダメージ

物理方面

A227(意地)メガギャラドスの+1たきのぼり確定2発(77.7%~91.3%)126~148ダメージ

A197メガボーマンダすてみタックル確定2発(80.2%〜95%)130~154ダメージ

A165メガボーマンダの+1おんがえし→最高乱数切り耐え(85.1%〜100.6%)138~163ダメージ

 

特殊方面

C222メガゲンガーギルガルドシャドーボール最高乱数切り耐え

 

随時追記します。

 

 

おわりに

現環境に刺さっているかどうかは諸説ありますが、相手のトリル対策を封じるミミッキュ、いかがだったでしょうか。サイクルパを使用する以上どうしても重くなってしまう相手の積みポケモンへの回答に悩んでいらっしゃったら是非使ってみてください。

ご意見ご質問等はTwitter:@Tlele8かコメント欄までどうぞ。それでは。

【USM:S7シングル】ステロメタグロス始動積み展開【最高2004/最終1943】

更新履歴

【②2018/01/22 18:30】QRレンタルチームを追加しました。

【①2018/01/22 7:30】記事を公開しました。

 

はじめに

こんにちは。イクラ(@Tlele8)と申します。

シーズン7、お疲れ様でした。ウルトラサンムーンが発売されて最初のシーズンということで、なんとかレートやオフで成績を残そうと躍起になっていましたが、12月~1月の間4回出たオフで全て空回りし、レートも伸び悩んだのもあって非常ににしんどかったです。

そんな中でも、なんとか一応の目標にしていたレート2000を達成できて良かったです。インフレシーズンということもあり、更に上のレート帯を目指したかったですが、期末試験がヤバいので見切りをつけました。

以下、構築の紹介になります。

f:id:squirtle328:20180120014135j:plain

↑最高レート達成時(2018/01/19 23:30頃)

f:id:squirtle328:20180122010740p:plain

↑溶かす直前のPGL(2018/01/21 21:30更新時) 

 

 

構築詳細

f:id:squirtle328:20180117185005j:plain

本章では、今回使用した構築について紹介する。

冒頭に、今回使用した構築を構成するポケモンの各々の採用経緯について述べてから個別紹介に入る。その後、パーティコンセプトと選出パターン例、そしてこの構築を組む上で考慮の対象外になった(以後、「切った」と記す)ポケモンについて述べる。そのほかにも構築単位で厳しかった並びがいるため、それについて記述し最後にQRレンタルチームのリンクを掲載する。

本章では、主に常体を用いて記述する。

 

採用経緯

ポケモンであるアーゴヨンf:id:squirtle328:20180110124948p:plainをエースとする積み構築を考えるところから始めた。

また、環境トップメタのミミッキュが専用Zワザを習得したことにより、ミミッキュの処理は多方面から行えるような構築を組めるように考えた。

アーゴヨンをエースとする上で必要なステルスロック等の展開要員について、様々なポケモンを試しに使っていたものの、勝率が安定しなかった。しかし、参照記事①を読んで興味を持ったステロ持ちメガメタグロスf:id:squirtle328:20180120003050p:plainが好感触であり、ミミッキュに対しても強いため、このポケモンを採用することにした。

一番好きなポケモンであり、どうしても構築に取り入れたかったカプ・テテフf:id:squirtle328:20180110125030p:plainは、数値受けに対する崩しの役割が持てるように、臆病の眼鏡持ちにして採用した。

また、参考記事①に倣って、地面の一貫を切れつつ、ミミッキュに対して繰り出せ、後攻とんぼがえりで皮を剥がしつつエースを展開できるよう、Bに厚く振った霊獣ランドロスf:id:squirtle328:20180110125000p:plainを採用した。

ラスト2体は、テッカグヤ絡みのサイクルに強く、アーゴヨンが出せないランドロスマンムーなどに強い鬼火羽休めメガリザードンXf:id:squirtle328:20180120003029p:plain、ポリ2カグヤの並びに対して明確に強く、トリックルーム展開などを阻害できる挑発瞑想カプ・レヒレf:id:squirtle328:20180110125038p:plainを採用して構築が完成した。

 

参照記事①:ポケモンUSMシングル「ステロメガメタグロス展開」 - メンヘラのじゃれつく


個体詳細

以下、個体紹介に入る。

1. カプ・テテフ

f:id:squirtle328:20180111163511j:plain

調整意図 > CS:ぶっぱ B:ミミッキュのシャドークローに対する乱数意識

いつもの左上固定枠。はいかわいい。

今回は数値受けを崩すため、こだわりメガネでの採用。こだわりメガネを持たせることで、ほとんどの低中耐久のポケモンを確1で仕留めることが可能。臆病である理由は素早さに補正を掛けていないミミッキュやガルーラ、リザードン等に刺さるため。控えめでなくても確定数が大きく変化するケースは少ないので、素早さを重視したほうが良いと感じた。

技構成は、とにかく火力が欲しいので一致技のサイコキネシスサイコショックムーンフォースは確定、ラス1はナットレイハッサムに対する打点が欲しかったので、めざめるパワー炎を採用した。

後述のアーゴヨンで止まりがちなランドロスマンムーミミッキュカバルドンに対して強い。

対面構築や、中速のポケモンで構成されている構築に対してはいかにこのポケモンを通せるかを考えて立ち回ることが多かった。

 

2. メタグロス(メガメタグロス)

f:id:squirtle328:20180110110250j:plain

調整意図 > A:H4メガガルーラにアイヘ高乱数2発 S:最速ガブリアス抜き H:できるだけ多めに BD:余り

耐久ライン > A182地震+鮫肌2回を13/16で耐え、C222シャドーボール確定耐え(ギルガルドメガゲンガー)、C170ハイドロカノンZ確定耐え(ゲッコウガ)、A156無限暗夜の誘い(元技シャドークロー)確定耐え(ミミッキュ)

先述の 参照記事①からそのまままるまる採用。基本的に初手に投げてステロ撒き、S操作やある程度の削りなどを遂行する。初手に出されやすいゲッコウガ、カプ・コケコ、リザードン等に強い技構成で先発性能が抜群に高い。岩石封じはリザードンの打点になるだけでなく、後続のアーゴヨンなどへのSのサポートもできて器用。調整に関しては以下の記事を参考にしたので、調整意図、耐久ラインの詳細はそちらを参照頂きたい。

展開補助メガメタグロス - ポケモン裁判記録

 

3. リザードン(メガリザードンX)

f:id:squirtle328:20180110110313j:plain

調整意図 > HB:耐久ライン参照 S:最速 BD:メガ前DL対策 A:余り

耐久ライン > 鬼火入り意地鉢巻ガブリアスの逆鱗耐え

メタグロスが刺さらない構築に対して選出する。鬼火で相手の物理アタッカーを機能停止にさせ、後続のランドロスの対面操作、後続のエースの一貫づくりのサポートを行う。特にコケコグロスランドのような構築に刺さり、鬼火を打って羽休めだけしていれば勝てることも多々あった。

技構成は、コンセプト上おにびはねやすめは確定、反動のない一致技であり、メタグロスやカプ・コケコ等に先手を取れるようになるニトロチャージ、火力も期待できるタイプ一致技のドラゴンクローで完成。地震が欲しい場面は少なかった。

最速なのはできるだけ上から鬼火を入れたいため。調整は参照記事②の調整を真似させていただいた。調整意図は以下リンク先を参照頂きたい。

S3中盤~終盤使用構築;†全能の蛸†(最高最終2001[サブROMで使用]、第二回バトンタッチオフ準優勝): gaspardの日記

鬼火を外すと負けに直結するため打つときは非常に緊張するが、全然外さなかった。偉い。

 

4. アーゴヨン

f:id:squirtle328:20180111163805j:plain

調整意図 > CS:ぶっぱ D:ダウンロード対策

この構築のエースで、基本的に終盤で一掃する仕事を担うアーゴヨンのストッパーにヒードランが採用されることが多いのは周知の事実だが、f:id:squirtle328:20180110124948p:plainf:id:squirtle328:20180110124924p:plainf:id:squirtle328:20180110125030p:plainと並べている以上高確率で選出されるので、それに刺さるめざめるパワー地面はこの構築では必須。

炎技は、大文字と火炎放射の火力の対比によく用いられるメタグロスギルガルドに対して打つ場面が少なく、むしろ環境に多いカミツルギに対して大文字を外すのは負けに直結するため、命中率を優先し火炎放射を採用した。

毒技は、言うまでもないが火力を優先しヘドロウェーブを採用。ドクZを持たせることで、後続のランドロスと合わせて安定してミミッキュを狩ることができる。

また、わるだくみは相手の交換を読んで打つことが主で、全抜き体制をつくる上で必須。

 

5. カプ・レヒレ

f:id:squirtle328:20180117210908j:plain

調整意図・耐久ライン > リンク先参照

先述のリザードンと共に、最後に構築に入ってきた。主にポリゴン2テッカグヤなどの低速高耐久のサイクルに対して選出する。また、相手のカバルドン展開への圧力、トリックルーム展開の阻止などの役割も担う。

技構成については、タイプ一致技のムーンフォース水技(詳細は後述)、また先述の低速高耐久のサイクルに対して強く出るためのめいそうは確定。ラスト一枠は、トリックルームテッカグヤの宿り木の種などを阻止するためちょうはつを採用。

水技について、ハイドロポンプなみのりでは確定数が変化することが多く、「なみのりの火力では100%落ちなかったが、ハイドロポンプの場合は80%の確率で当たっていれば勝てていた」ような状況が多かったためハイドロポンプを採用した。

上位帯で増えていた激流ゲッコウガを確実に見ることができるため、またダストシュートがなければ受けられるため、相手の並びにゲッコウガがいる場合はよく選出していた。

相手の物理ポケモン(バシャーモギャラドステッカグヤ)に対して後出しする際に、うまくイアのみを発動させることができるように図太いHBベースで採用した。調整、耐久ラインについては以下リンク先を参照頂きたい。

S5使用構築 最終2137 16位 - かげふみきゃっち

 

6. 霊獣ランドロス

f:id:squirtle328:20180113012251j:plain

調整意図 > H:16n+1(マゴのみ回復効率優先) B:11n(効率最大) S:4振りミミッキュ抜かれ(ABミミッキュ意識) AD:余り

耐久ライン > A特化ミミッキュ(実数値156)のA+1ぽかぼかフレンドタイム最高乱数切り耐え(6.3%) 

相手の物理アタッカーや電気タイプに対してクッションとして投げ、威嚇を入れつつ後攻とんぼがえりで対面操作を行う、この構築で潤滑油として重要な潤滑油役。相手のミミッキュに対し、後攻でとんぼがえりをしてアーゴヨンカプ・テテフを展開させるのが仕事であるため、Sはミミッキュに敢えて抜かれるように調整している。

技構成について、一致技のじしんミミッキュに対して皮を剥がしつつ対面操作ができるとんぼがえりは確定で、また対面でS操作ができるがんせきふうじ、そしてポリゴン2や1/2回復実を持つテッカグヤなどに対して刺さるはたきおとすで完成。はたきおとすの枠について、ステルスロックメタグロスが持っているため必要なく、どくどくを入れていた時があったが使用する機会がほぼなかったためこれで落ち着いた。

持ち物は、後投げの回数を増やすことができ、サイクルに参加させてより安定するマゴのみを持たせた。

 

 

パーティコンセプト・選出例

メタグロスステルスロックを展開し、エースで全抜きを狙うこと、②リザードンの鬼火で物理アタッカーを機能停止にさせ、中盤ランドロス等で荒らし最終的にエースの一貫をつくることを柱としている。

※エース…ここではカプ・テテフアーゴヨンのことを指す。

【 メガ枠としてメタグロスを選出する際 】

◇基本的なミミッキュ入り

f:id:squirtle328:20180110124937p:plainf:id:squirtle328:20180110124948p:plainf:id:squirtle328:20180110125000p:plain

◇対カグヤ・ドラン系統のサイクル、ギャラドスを重く見るとき

f:id:squirtle328:20180110124937p:plainf:id:squirtle328:20180110124948p:plainf:id:squirtle328:20180110125038p:plain

◇テテフの通りが良いとき

f:id:squirtle328:20180110124937p:plainf:id:squirtle328:20180110125030p:plainf:id:squirtle328:20180110125000p:plainほか

 

【 メガ枠としてリザードンを選出する際 】

◇対面構築

f:id:squirtle328:20180110124924p:plainf:id:squirtle328:20180110125000p:plainf:id:squirtle328:20180110125030p:plain

◇対ポリクチミミッキュ

f:id:squirtle328:20180110125030p:plainf:id:squirtle328:20180110124924p:plainf:id:squirtle328:20180110125000p:plainorf:id:squirtle328:20180110125038p:plain

◇鬼火の通りが良いとき(コケコグロスランドなど)

f:id:squirtle328:20180110124924p:plainf:id:squirtle328:20180110125038p:plainf:id:squirtle328:20180110125030p:plainorf:id:squirtle328:20180110125000p:plainorf:id:squirtle328:20180110124948p:plain

 

 

構築単位で切ったポケモン

 f:id:squirtle328:20170216224949p:plain最速メガガルーラ

対面構築に入っているメガガルーラは、主に眼鏡テテフで見ているため最速は切らざるを得なかった。~1900までは殆どが準速だったが、それ以上になると最速も一定数見受けられた。上位帯ではガルーラに対してテテフを安易に投げず、リザードンで頑張って同速を制して鬼火を入れてくれるように祈った。

 

f:id:squirtle328:20170104182102p:plainアタッカー型(所謂)陽キャテッカグヤ

ボディパージ@3の構成で、AかCがブーストするテッカグヤがきつい。テッカグヤ入りの構築にはグロスランド+レヒレorアーゴヨンの選出をするため、この型のテッカグヤが止まらない。

 

 

 

厳しかった並び

先述の最速ガルーラ入りの対面構築や、アタッカー(陽キャ)テッカグヤの並び以外にも、今期、特に上位帯(2000以上)で数を増やしていたf:id:squirtle328:20180110124937p:plainf:id:squirtle328:20180110125038p:plainf:id:squirtle328:20170718102114p:plainf:id:squirtle328:20170507010737p:plainf:id:squirtle328:20170423230723p:plainの並びを崩す手段に乏しく、このような構築に対しての勝率は著しく低かった。

 また、この構築は明確な"ストッパー"の役割のポケモンがいないため、相手のアーゴヨンメガボーマンダ、雷パンチ持ちメガリザードンXに対しては慎重に立ち回る必要がある。

 

 

QRレンタルチーム

3ds.pokemon-gl.com

 

 

参照記事

この構築を考える上で参照させていただいた記事のリンクになります。問題がございましたら@Tlele8までご連絡ください。

① 構築のベースを考える上で参照。

momicarantona.hatenadiary.com

リザードンの型を考える上で参照。

gaspardutd.seesaa.net

メタグロスの型の参考に。

verdandi28.hatenablog.com

カプ・レヒレの型の参考に。

roshipoke.hatenablog.com

 

  

あとがき

紹介は以上になります。今期インフレの波に乗って久しぶりに20に乗せることができましたが、それ以上は力尽きて伸ばすことができず、また最終レートも溶かしてしまっているため、今後は安定して20に乗せ、それより上を目指していけるように構築力、メンタルを更に鍛えていきたいと思います。QRレンタルチームも掲載しましたので、興味があれば是非使ってみてください。

最後になりますが、この構築を組む上でgaspard(@lisa_sono_et)さんに相談に乗っていただき、たくさんのアドバイスを頂きました。本当にありがとうございました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。それでは。

Twitter@Tlele8

 

 

 

おまけ:NNの由来

f:id:squirtle328:20180110125030p:plainFragaria:オランダイチゴの学名から。テテフがイチゴみたいに見えるよね、かわいい。

f:id:squirtle328:20180110124937p:plainGelandewagen:(ゲレンデヴァーゲン)メルセデスベンツ・Gクラスの"G"の由来から。ドイツ語でオフローダーを意味するそう。ちなみに、本来"a"の部分にアクセント記号が必要だが英語ロムでは再現できなかった。

f:id:squirtle328:20180110124924p:plainDarvasard:中央アジアの国トルクメニスタンにある「Darvasa(ダルヴァザ)」というガスクレーターの名称と、リザードンの英語名「Charizard」の後ろ部分を組み合わせた造語。

f:id:squirtle328:20180110125038p:plainぺパプ:すっごーい!あなたはカプのフレンズなんだね!言わずもがなアニメ「けものフレンズ」に登場するアイドルユニットから。

f:id:squirtle328:20180110124948p:plain*Huayra*:(ウアイラ)イタリアの超高級自動車メーカー「パガーニ(Pagani)」が2012年に100台限定で生産した超高級車。一般的なフェラーリランボルギーニの3~4倍の値段がするそうな。5,980ccV12ツインターボ。最大出力730馬力。最大トルク1000Nm。最高速度370km/h。ヤバい。

アーゴヨンの持つ「速さ」「力強さ」「毒々しさ」が似ていると思ったので。

f:id:squirtle328:20180113014121p:plain

↑パガーニ・ウアイラ。触覚みたいなサイドミラーが特徴的。

f:id:squirtle328:20180110125000p:plainForester XT:スバルが誇るSUVフォレスター」から。XTはグレード名。物理的なダメージに強くて、4本足で浮いていて悪路走破性が高そうだと思ったから(?)

 

 

ついでに拡散してください>< 

【まとめ記事】2017 構築紹介【ポケモンSM~USM】

f:id:squirtle328:20171226203300p:plain

 

はじめに

こんにちはイクラです。2017年もいよいよ終わりですね、ということで今年の総括をするべく「構築振り返り 2017」というタイトルで記事を書こうと思います。是非最後まで読んでいってください。

 

ちなみに、この記事はおぜ( @pozzetmonster )さんの記事に触発されて書いたので、ぜひそちらもどうぞ。これを読んだ皆さんにもぜひ書いてほしいです()

【2017年振り返り記事】今年1年で使用した構築まとめ。 - チルタリスのもふもふは世界を救う

 

 

 

 

構築紹介

でゎ早速。時系列順です。

常体と話し言葉が混在してて気持ち悪いですが許してくださいなんd

 

【レート】シーズン1

【最高・最終2012】スパーキングギガ・テテフと愉快なUBたち【ポケモンSM シーズン1】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170104182016p:plainデンキZf:id:squirtle328:20170117164055p:plainカクトウZf:id:squirtle328:20170104182034p:plainスカーフf:id:squirtle328:20170104182045p:plainメガf:id:squirtle328:20170104182057p:plainフェアリーZf:id:squirtle328:20170104182102p:plainザンパン

最高レート 2012(S1)

概要

シーズン1使用構築。SMのシーズン1から20に乗せることができてとても気分が良かったです。まだこの頃はサイクル屋だったなあ…

 

コンセプト・経緯

ぼく「SMはじまった。どんなポケモンがいるのかな~」

f:id:squirtle328:20170104182016p:plain\カプゥーフフ!/

「なにこのポケモン めっちゃ可愛いしめっちゃつよいやん」

という経緯で軸が決まる。いろんな新規ポケを試していたが、一番かわいいしつよい。ずっと一緒にやっていくと決めた(と思う)。

だが、ご存じの通りS1はf:id:squirtle328:20170104182102p:plainが大量発生。「一家に一台テッカグヤ」とも言われるくらい。

というわけで、巷では流行っていた(?)デンキZf:id:squirtle328:20170104182438p:plainを持たせて、奇襲をかけることにした。ちなみに、テッカグヤだけでなく、当時ガラガラ対策として流行っていたギャラドスアシレーヌカプ・レヒレ等にも刺さったり、メガハッサムをサイキネ+デンキZ10万で倒せたりもした。つよい。うん。

 

f:id:squirtle328:20170104182102p:plainはやっぱり当時の環境では必須だったし、テテフとの補完にも優れていた。

f:id:squirtle328:20170104182045p:plainはガラガラ辺りを見れ、単純にORASのころから使い慣れていたから採用。

f:id:squirtle328:20170104182034p:plain最初は催眠術を使っていたが、全然当たらなくて頭が痛かったのでスカーフに。コケコが多かったのでエレキフィールドの恩恵をしょっちゅう受けられて美味しかった。

f:id:squirtle328:20170104182057p:plain入れとけばつよい。

って感じ。詳細は記事みてね。

【最高・最終2012】スパーキングギガ・テテフと愉快なUBたち【ポケモンSM シーズン1】 - きれいなハネ振興委員会

 

 

 

 

【オフ@2月】第9回ぽちゃオフ

【第9回ぽちゃオフ】オフレポ&簡易構築紹介【予選リーグ1位通過・ベスト8】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170731202904j:plain結果:予選1位抜け、ベスト8

f:id:squirtle328:20170126201435p:plainサラサラ岩f:id:squirtle328:20170126201443p:plainジメンZf:id:squirtle328:20170126201450p:plainメガf:id:squirtle328:20170718102039p:plainメガf:id:squirtle328:20170104185900p:plainスカーフf:id:squirtle328:20170207102506p:plainゴツメ

概要

ポケモンバンクが解禁されました!

ぼく「砂パ強そうじゃない?砂つかお!」

ぼく「ドリュのジメンZ強すぎない?さいつよじゃん!」

…ということで組んだ。

結果として(実質)初オフ参加にして予選1位抜けを果たした。

しかし、ベスト8でカンポケオフ主催のリベラさんに負けて散った。

 

コンセプト、経緯

f:id:squirtle328:20170210173221p:plainf:id:squirtle328:20170210173229p:plainは軸なので確定。相性のよいメガ枠としてf:id:squirtle328:20170210172924p:plainf:id:squirtle328:20170210172625p:plainを採用。ゲッコウガが辛いのでf:id:squirtle328:20170321114411p:plainf:id:squirtle328:20170321120818p:plainを採用。マンムーランドロスが重かったのでf:id:squirtle328:20170207102506p:plainf:id:squirtle328:20160913163401p:plainを採用したけど、この枠は失敗だった気がする。裏選出がめちゃくちゃ弱かったので、ほとんど表を選出していました。

 

 

 

【レート】シーズン2

【ポケモンSM S2最高2018】上から下から高火力で殴るだけ feat.カバリザ【最終2003】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170207100658p:plainゴツメf:id:squirtle328:20171226211956p:plainメガYf:id:squirtle328:20170321114411p:plainスカーフf:id:squirtle328:20170321114417p:plainメンタルハーブf:id:squirtle328:20170321114427p:plainアシレZf:id:squirtle328:20170321114430p:plainハチマキ

最高レート 2018

概要

砂がだんだんと環境で対策されて辛くなり、バンドリには限界を感じていた。その時、mkさん( @mkmk_poke )さんにf:id:squirtle328:20170718102114p:plainf:id:squirtle328:20170718102102p:plainf:id:squirtle328:20170616182229p:plainがトリル軸を教えてくれたので、それを使うことになる。そうすると面白いように勝てるようになった。インフレシーズンであったのでもっとレートを伸ばしたかったけど、最終日に死ぬ気でレート上げたのでここで力尽きた。

 

コンセプト・経緯

素早さの高いポケモン、遅いポケモン両方から高火力で殴ることを基本としている。そのため、上から高火力で殴れるメガリザードンYf:id:squirtle328:20171226211956p:plain、高い素早さから高火力を放てるスカーフテテフをベースとし、それにf:id:squirtle328:20170718102114p:plainf:id:squirtle328:20170718102102p:plainf:id:squirtle328:20170616182229p:plainを組み合わせ、最後に補完として

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainを入れて完成した。詳細は記事をご覧ください。

 

 

 

【オフ@3~4月】第15回カンポケ、第2回バトンオフ 

f:id:squirtle328:20170731203255j:plainf:id:squirtle328:20170731203321j:plain

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainゴツメf:id:squirtle328:20170210173229p:plainチョッキf:id:squirtle328:20170126201504p:plainメガf:id:squirtle328:20170220222001p:plainミズZf:id:squirtle328:20170220221942p:plainホノオZf:id:squirtle328:20171226220845p:plainヘドロ

いずれも予選落ち

概要

カバドリ偽装を使ってみたくなり組んでみた構築。それにモロバレルを絡めてサイクルを展開しようと思ったが、ゲッコウガが重すぎて解散した。

特に語ることもないですね。構築力が著しく欠落してるのが鮮明になっていた。覚えてないので経緯も割愛。

 

※一応チョッキドリュウズの記事は書いてます。でも今見るとツッコミどころが多い()

【ポケモンSM】7世代版DSベース型破りチョッキドリュウズ【単体考察】 - きれいなハネ振興委員会

 

 

【オフ@4月】ちゃまオフ

f:id:squirtle328:20170731203342j:plain結果:4位

【第1回ちゃまオフ4位】使用構築「危機回避して影をキャッチ!」紹介兼オフレポ【ポケモンSM】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170422215719p:plainメガf:id:squirtle328:20170422215801p:plainキセキf:id:squirtle328:20170422215817p:plainスカーフf:id:squirtle328:20170422215826p:plainチョッキf:id:squirtle328:20170422215809p:plainハチマキf:id:squirtle328:20170422215841p:plainメガ

概要 

初めてオフのスクリーンに出ることができたときの構築。色ゲンガーをどうしても使いたくて組んだ。この構築をQRで公開したら800回くらい使われたり、色んな方につかってもらったりなど反響が大きくてびっくりした。

経緯

「色ゴースをせっかく1000コくらい粘って出したのに、ボックスの番人と化してるの勿体ないな…」ぽけっとふぁんくしょんポチー

鉢巻グソクムシャ…?(最初は困惑するが)なにこれ面白そう!」

グソクムシャの先制技で削り、ゲンガーでキャッチして倒す、という戦法に惹かれ軸が決まる。

テテフが重い→f:id:squirtle328:20170422215841p:plainとなり、f:id:squirtle328:20170422215817p:plainf:id:squirtle328:20170422215841p:plainf:id:squirtle328:20170422215826p:plainが決まり、ラス1にテキトーにf:id:squirtle328:20170422215801p:plainをぶっこんで完成した。

 

 

 

【オフ@5月】Battle Freak Competition(第1回)

f:id:squirtle328:20170731203425j:plain結果:予選落ち

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainゴツメf:id:squirtle328:20170506182041p:plainメガXf:id:squirtle328:20170422215719p:plainメガf:id:squirtle328:20170321143251p:plainアクZf:id:squirtle328:20170321114411p:plainカクトウZf:id:squirtle328:20170506182113p:plainタスキ

概要

カミツルギを使いたくなったため組んでみた構築。でも積み構築の知識がなさ過ぎて何がしたいのかよく分からない構築になってしまった。なぜテテフが格闘Zを持っているのか今では理解できない…(絶対どやりたかっただけ

コンセプト・経緯

覚えてません。ご想像にお任せします。

 

 

 

 

【オフ@6月】真皇杯関東予

f:id:squirtle328:20170731203932j:plain結果:予選落ち

f:id:squirtle328:20170717221648p:plainメガf:id:squirtle328:20170412183533p:plainスカーフf:id:squirtle328:20170210173221p:plainイワZf:id:squirtle328:20170210172924p:plainメガf:id:squirtle328:20170321114427p:plainメガネf:id:squirtle328:20170321114417p:plainレッドカード

概要

真皇杯関東予選で使用。サイクルを表としながら、裏にトリルでの切り替えしを用意するという構築。前日までめちゃくちゃ自信があったが当日はボロボロだった。

経緯 

……忘れた

f:id:squirtle328:20170301225405p:plainf:id:squirtle328:20170507003534p:plainあたりがやたらと初手に出てくるのでそれに上から殴れるようにスカーフウルガモスという地雷を発掘したが、真皇杯のときにスカーフゲッコウガに殺られて泣いた。

 

 

 

【レート】シーズン4

バトン先図太いHB霊獣ボルトロスのすゝめ【S4最高1992最終1911】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170717221648p:plainメガf:id:squirtle328:20170207103713p:plainタスキf:id:squirtle328:20171227103910p:plainメガf:id:squirtle328:20171227104011p:plainデンキZf:id:squirtle328:20170321114427p:plainメガネf:id:squirtle328:20170321114417p:plainレッドカード

概要

真皇杯の構築を改良したもの。表を襷マンムーからのバシャバトン展開とした。そして、裏選出に切り返しのためのトリル軸をチョイス。20手前で足止めを喰らい、そして到達することなく散った。

経緯

真皇杯の構築から、f:id:squirtle328:20170412183533p:plainf:id:squirtle328:20170126201435p:plainf:id:squirtle328:20170126201450p:plainには限界を感じていたため、ここを弄ろうとしたときにバシャバトン軸を思いつく。しかし、図太いf:id:squirtle328:20171227104011p:plainしかボックスにおらず、途方に暮れていたがバトンした際に受けるダメージ(特にマンダの捨て身)を考慮した時に、HBにガッツリ振ったほうがいいのではと感じて図太いHB霊獣ボルトロスが誕生した。計算してみたところ、H4振りミミッキュがデンキZ10万で落ちるため、火力もC4振り程度だが申し分なかった。だが、メガバシャーモを軸とした以上メガボーマンダを一切出さなくなり、その枠が煮詰めきれなかった。

 

 

 

 

【レート】シーズン5~シーズン6

【ポケモンSM S5,S6使用構築】POWER PRESSING!!【S5最高1946】 - きれいなハネ振興委員会

f:id:squirtle328:20170115171758p:plainメガf:id:squirtle328:20170104185900p:plainスカーフf:id:squirtle328:20170104182045p:plainメガf:id:squirtle328:20171227105035p:plainミズZf:id:squirtle328:20170507005133p:plainゴツメf:id:squirtle328:20170507004344p:plainゴーストZ

概要

真皇杯ラスチャレでゆたし( @yutashi_poke )さんが使用していた構築を引き継いだ。今まで使用したサイクル軸、積み軸とは異なり、対面構築の要素が入っていたので最初は扱いに苦慮していた気がする。

 

経緯

原案を引き継いだ構築なので、経緯は割愛。だが、原案では物理型だったボーマンダ完全特殊型に変貌したり、アシレーヌだった枠がスイクンになったりした。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------

以下USM

----------------------------------------------------------------------------------

【オフ@12月①】第11回ぽちゃオフ

f:id:squirtle328:20180120153325j:plain

結果:予選落ち

f:id:squirtle328:20170216224949p:plainメガf:id:squirtle328:20171208175010p:plainドラゴンZf:id:squirtle328:20170507005133p:plainマゴf:id:squirtle328:20170506182041p:plainメガXf:id:squirtle328:20170507011109p:plainタスキf:id:squirtle328:20170507011736p:plainイア

概要

アーゴヨンが使いたくて組んだ構築。

経緯

忘れた。

 

 

【オフ@12月②】第17回カンポケオフ

f:id:squirtle328:20171227221521j:plain結果:予選1位抜け(6勝2敗)ベスト16

【オフレポ】第17回カンポケオフに行った話 - きれいなハネ振興委員会

↑※オフレポです。構築記事じゃないです

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainさら岩f:id:squirtle328:20171218175007p:plainハガネZf:id:squirtle328:20170507011109p:plain脱出ボタンf:id:squirtle328:20171218175144p:plainカクトウZf:id:squirtle328:20170717221648p:plainメガf:id:squirtle328:20171227222420p:plainチョッキ

概要

カバドリ+脱出テテフの記事を読んで無性に砂パが使いたくなった。最近のことなのにあんまり覚えてない。

経緯

忘れた。

 

 

 

【オフ@12月③】第2回サブローカップ

f:id:squirtle328:20171227221447j:plain結果:チーム成績ベスト12、個人成績1勝4敗

【オフレポ】第二回サブローカップ(12/23) - きれいなハネ振興委員会

↑※こちらもオフレポのみです

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainさら岩f:id:squirtle328:20171218175007p:plainハガネZf:id:squirtle328:20170507011109p:plainタスキf:id:squirtle328:20170717221648p:plainメガf:id:squirtle328:20171227222646p:plain残飯f:id:squirtle328:20171227222714p:plainノーマルZ

概要

カンポケから一週間しか時間がなく、大学の課題にも追われていたため構築を大きく変えることはせず、カンポケ時の問題点であった「水の一貫」をいかに解消するかに焦点を当てて構築を練った。同チームのgaspard( @lisa_sono_et )さん、リベラさん( @Meteorstream413 )さんとLINEで相談して色々アドバイスをくれて完成した。

……個人成績が散々だった

 

経緯

表をカバドリ、裏を襷テテフスタート→テクスチャーポリゴンZの流れで考えた。カバ展開を阻害してくる水タイプへの回答としてやどみがジャローダを採用。

 

 

 

総括・反省

積み、サイクル、対面、砂パ、トリルなど、様々な種類の構築を使ってきたが、いずれにしても構築の精度が低いように感じた。その要因として環境把握不足パーティ構築における知識の浅さが挙げられる。それを克服するためには、「三人寄れば文殊の知恵」の如く一人で考えず、知見を持った方に相談をしたり、(今年やってなかった)動画を見るなどして積極的な環境把握に努めることが重要だと思うので、来年はそれを実践して構築のクオリティを向上させることを目指していきたい。

 

 

よく使ったポケモンベスト3

1位(8回)

カプ・テテフ

f:id:squirtle328:20170104181106g:plain

文句なし。かわいい・つよい・組み込みやすいの三拍子が揃った完璧なポケモン。ちなみに今年使った型はHCデンキZ/CSスカーフ/HC眼鏡/HCエスパーZ/HC格闘Z/CS襷です。たぶんもっとある。かわいい。愛おしい。なでなでしたい。

 

メガボーマンダ

f:id:squirtle328:20170126201929g:plain

一番使い慣れたメガ枠のメガボーマンダくんが同率一位でした。火力・素早さ・耐久全て十分なスペックを持っているので弱いわけがない。たぶん10種類くらいは型を作りましたが、一番使ってて楽しかったのは特殊型です(控えめCS ハイボ流星文字ドロポン)。

 

3位(7回)

カバルドン

f:id:squirtle328:20170116171132g:plain

安心と信頼の物理受け、砂の始動要員としてたくさん使った。物理受けとしてのスペックがすごく高く、非常に使いやすくて構築にも組み込みやすかった。

 

 

 

参加したオフ一覧

カントーポケモンオフ

http://liberaoff.hatenablog.com/

・サブローカップ(次回2018年GW予定)

http://saburocup.hatenablog.com/

・バトンタッチオフ(次回2018/2/11)

http://batonpassoff.hatenablog.com/archive

・ぽちゃオフ

http://piplupoff.blog.shinobi.jp/

・Battle Freak Competition

http://battlefreak.hatenablog.com/

 

 

 

 

あとがき

最後まで駄文に付き合っていただきありがとうございました。

今年は初めてオフに出て、様々な方と交流することができ、ただ"ポケモンをする"だけでなく、ポケモンというコンテンツを通じて色々なことができるようになったと思います。本当に楽しい一年を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。ではよいお年を。

 

by イクラ ( @Tlele8 )

【ポケモンUSM】アーゴヨン所感

f:id:squirtle328:20171208174109p:plain

お久しぶりです。イクラです

今回はUSMの新規ポケモンアーゴヨンの所感について簡単にざくっと書いていきます。いつものように凝った内容ではないのでご承知おきください。

 

 

というわけで早速。以下常体。

使用した型はサムネ画像の通りで、おそらく一番オーソドックスな型。普通の臆病CSなので特に意識した調整とかはない。臆病最速なのはSをブーストさせるため、そして同族を意識したため。

 

ガルーラ軸の対面構築の積み要員として採用したので、めざ地は不要と判断し火力を優先。基本的に終盤に確定圏内に押し込んだポケモンを倒してSをブーストさせて無双させる立ち回りを意識。

 

 

技構成について

ヘドロウェーブ → 一致最大火力。ヘドロばくだんでないのは、テテフに対しての入るダメージが結構ぎりぎりだから。

比較してみると、違いが一目瞭然かと。

f:id:squirtle328:20171208175535p:plain

 

りゅうせいぐん → 言わずもがな。悪巧んでしまえばドラゴンZ流星でほぼみ~んな落ちる。環境に蔓延しているランドロスに刺したいから竜Zを採用。

 

だいもんじ → 炎技がないと鋼で止まる。かえんほうしゃじゃない理由は下の画像参照。ギルガルドに限らず、悪巧みなしの時のメガルカリオに対する確定数も変わる。

f:id:squirtle328:20171208180852p:plain

わるだくみ → 隙あらば積む。受けきれるポケモンの前や、相手の隙を突いていく。明確な起点がないと立ち回りがシビアになりやすい。

 

今回はこの技構成で完結した。だが、これはあくまでも一例で、めざ地りゅうのはどう、あととんぼがえりも覚える。サイクルにも使える…?

 

 

止まる/苦手なポケモンや並び

f:id:squirtle328:20171111001722p:plain→ C+2竜Z流星耐えてくる

f:id:squirtle328:20170616182236p:plain→ めざ地ないと絶望

f:id:squirtle328:20170718102114p:plain→ 毒Zとかなら対処可能かも

f:id:squirtle328:20170210173229p:plain→ よく選出されやすい。

f:id:squirtle328:20170207103713p:plain→ 礫ダメゼッタイ

f:id:squirtle328:20171208182608p:plain→ Sが1速いのズルい。ステロ+ヘドウェで落ちない。

 

 

所感

悪巧みを積まないと火力が足りないこと、ゲッコウガとほぼ同じペラペラ耐久だからHP管理や悪巧みをするタイミングが重要。数値上の耐久はペーペーだけど、優秀な耐性でそれを補えてるだけって感じ。一度波に乗っちゃえば強いけど、いかにして上手に悪巧みを積めるかだと思います。

あと言い忘れてたけど受け寄りのサイクルに強め。この型はあくまでも一例なので、環境や構築に合わせて柔軟にカスタムしていくと良いと思います。それでは。

 

 

Twitter: @Tlele7

 

 

 

【ポケモンSM S5,S6使用構築】POWER PRESSING!!【S5最高1946】

f:id:squirtle328:20171110212523p:plain

はじめに 

こんにちは、お久しぶりです。初めましての方は初めまして。イクラです。

S5で使用し、S6まで温めてはいましたが多忙のためレートに精を出せずに終わってしまったためここで公開します。ちょっとサイクル要素が入ってるけど、所謂"対面構築"です(襷枠もミミッキュもいないけど)。

戦績はシーズン5で最高1946でした。決していい成績ではありませんが、USMでおそらくグロパンガルーラを使用できないでしょうし、忘れ去られるのも勿体ないので、この構築の何か一つでも参考にしてくれる/昇華させてくれる人がいることを期待してここに残したいと思います。

また、この構築の原案は夏ごろにゆたし( @yutashi_poke )さんから頂きました。感謝申し上げます。そのためポケモンの採用理由の過程は省かせていただきます。ご承知おきください。

以下あとがきまで常体です。

f:id:squirtle328:20171110233450j:plain

もくじ

 

構築紹介

f:id:squirtle328:20170915221124p:plain

※S5まではアシレーヌを採用、S6からスイクンに変更。スイクン入りを結論としているため後者メインで執筆します。また、一部のポケモンの技構成が異なりますが、最終的な構成は以下で解説します。

 

パーティコンセプト

6世代のときによく見受けられたガチガチの対面というわけではなく、サイクルの要素をある程度絡めている。

グロパン持ちメガガルーラを軸とし、それを補うサブのメガ枠としてボーマンダを採用。序盤では主にガルーラ、ボーマンダスイクンで荒らし、それをギルガルドカバルドンでサポートし、一通り場を荒らして最終的にスカーフテテフで〆るのが基本的な流れとなる。序盤~中盤では、ガルーラorボーマンダ/スイクン/ギルガルドで1体倒す+次に致命傷を負わせられるまでを目標とする。また、テテフの一貫性を作ることができるようにする。勿論、これはコンセプトであり、相手の構築に対して臨機応変に対応する。

また、構築全体として炎タイプのポケモンを採用しておらず、鋼タイプを呼びやすくしている。これにより、ガルーラやギルガルドでの奇襲が成功しやすいようにしている。

 

採用過程

原案は自分が考えたわけではないので割愛。

ただ、アシレーヌスイクンに変更している。この理由は対ミミッキュに対して初手対面で高確率で勝てるポケモンが欲しかったため。

 

個体詳細

1. ガルーラ

f:id:squirtle328:20171111201302p:plain

2. カプ・テテフ

f:id:squirtle328:20171113214130p:plain

 

3. ボーマンダ

f:id:squirtle328:20171110220236p:plain

4. スイクン

f:id:squirtle328:20171110220341p:plain

 

5. カバルドン

f:id:squirtle328:20171110220438p:plain

 

6. ギルガルド

f:id:squirtle328:20171110220453p:plain

 

 

個別解説

f:id:squirtle328:20170216224949p:plain

この構築のエース。対面構築といえばこいつ。6世代で猛威を振るったグロウパンチ持ちガルーラ。この構築に対してよく出てくるテッカグヤナットレイなどに刺さるほのおのパンチが肝。また、タイプ一致最高火力としてすてみタックルを採用。この3技を打っているだけで試合が終わることも少なくなかった。

ラスト1枠は迷走しており、ここでは一番有用であったじしんになっている。採用していた技としてふいうちシャドークローがあり、前者はグロパン後に霊獣ボルトロスを倒すことすらできず、勝ちに結びつくことが少ないので非推奨、後者はミミッキュに対しての打点として採用していたが、火力が中途半端であった。ORAS厳選の手間がかかるため使用しなかったが、ドレインパンチも一考の余地あり(後述)。

キノガッサが構築単位で重いため、Sをキノガッサ抜き+2までは最低限確保。初手で対面した際はほのおのパンチを打っていた。また、カプ・レヒレと対面した際は基本グロパン。

 

f:id:squirtle328:20170207100624p:plain

個人的に、スイーパーとして絶対的な信頼を置いているスカーフテテフ。コケコやボルトロスに対して投げることもしばしば(デンキZに注意)。カバリザやルカリオミミッキュの類の構築に対してよく出していた。初手で投げても耐えられて返り討ちに遭うことが多いので、相手のポケモンが疲弊した中盤~終盤に繰り出すと活躍する。

 

f:id:squirtle328:20170126201504p:plain

当初は陽気AS型であったが、両刀型を経て完全特殊型に至る。一般的なメガボーマンダを受けるために投げられる物理受けや電気(例:カバルドン、霊獣ランドロス、霊獣ボルトロスヒートロトム、相手の型次第ではテッカグヤ)に対してアドバンテージがとれる。

火力がギリギリなため性格はひかえめである。Sに補正を掛けないことで困るのは対カミツルギくらい。技構成はタイプ一致のハイパーボイスりゅうせいぐん、鋼への打点としてだいもんじマンムーヒートロトムに刺さるハイドロポンプを採用。ハイドロポンプは、控えめボーマンダ採用当初にお試し程度で入れていたが、想像以上にそれがきっかけで勝てる試合が多かったため採用に至った。

特殊型にすることでの弊害として(=すてみタックルを採用しない)、ミミッキュカプ・テテフメガゲンガーなどのB<D系統のポケモンに対して確1がとれなくなることが挙げられるが、ミミッキュはAB振りが増えた以上、"捨て身を打っていれば倒せる"という行動が安定しなくなっており、またカプ・テテフは襷持ちが多く返り討ちにされる、メガゲンガーは鬼火やこごえるかぜ持ちが多いため、役割対象から外した。

 

f:id:squirtle328:20170207102506p:plain

S5までアシレーヌが陣取っていた枠だが、ミミッキュに対しての対面性能が低かったため変更した。

ミミッキュリザードンなど、KP高めのポケモンに対して対面で勝てるミズZスイクン。殆どのカバリザ構築には初手で出していた。立ち回り等の詳細はリンク先を参考にされたい。

ハイドロポンプ、こごえるかぜは確定で、めいそうはポリゴン2テッカグヤなどの耐久ポケモン対策で、ミラーコートカプ・テテフアシレーヌへの回答として採用。リンク先ではめいそうとみがわりの併用を推奨しており、当初はそのようにしていたが身代わりを使用する場面が少なかったためミラコに変更した。

耐久型のイメージが強いせいか、アタッカー型と読まれることは少なかった。

sheullotpokemon.blog.fc2.com

無断リンクのため問題があればお申し付けください。

 

f:id:squirtle328:20170321114401p:plain

至ってオーソドックスなHBカバルドンで、特記事項はない。メガメタグロスメガバシャーモに雑に投げたり、あくびで厄介なポケモンを流したりメガガルーラの起点をつくったりした。こいつのお陰でカプ・レヒレが結構な頻度でやってくる。選出率は低め。

 

f:id:squirtle328:20170507004344p:plain

技構成は一般的な毒守ガルドのそれだが、持ち物にゴーストZを持たせることで、陰キャ系だと思って悠長な行動をしている際に奇襲することができる(快感^^)。主な役割対象は、主にテテフが呼ぶ鋼鉄類(例:ナットレイテッカグヤルカリオなど)、他にミミッキュ(キンシを空かされることが少ないので)、クレセリアポリゴン2など。有利不利が比較的はっきりしているので、相手の交代先を読みやすい。

 

苦手なポケモン、並び

f:id:squirtle328:20170507005133p:plainf:id:squirtle328:20170104182102p:plain

カバルドン+慎重テッカグヤ

テッカグヤを見るためのガルーラはカバで疲弊し、特殊ボーマンダではカバルドンは倒せるがテッカグヤを突破できない。スイクンはミズZを消化したらカグヤや取り巻きで詰む(そもそもスリップが辛い)。

 

f:id:squirtle328:20170616201010p:plain/f:id:squirtle328:20170718111545p:plainf:id:squirtle328:20170718111518p:plain/f:id:squirtle328:20170616201057p:plain

雨パのメガラグラージ/キングドラ

雨下のメガラグラージを止められるポケモンがHPフル時のスイクンくらいしかいない。また、アシレーヌスイクンに変えたことでキングドラが非常にしんどくなったが、個体数が少ないため切った。

 

f:id:squirtle328:20171111001722p:plain

メガバンギラスとその取り巻き

有利と言えるポケモンカバルドンくらい。竜舞を積まれるだけで1体以上は持っていかれるため非常に辛い。特にボーマンダギルガルドは手も足も出ない。てか特殊方面硬すぎ。ガルーラにドレインパンチを採用する理由はここにあるかも。

 

Special Thanks

構築の原案をくださったゆたしさん

ひかえめなスイクンを貸してくれた牛虎さん

 

あとがき

というわけで皆さんSM環境お疲れさまでした!S6が終わって構築記事を見ていると、完成度の高い構築ばかりで、S6のブランクで自分が大きな遅れをとってしまっていることを痛感しました。あと一週間で新作の発売ですが、ちょうど余っていたムーンの周回をしてストーリーのおさらいをしつつカプ系とUBを回収していこうと思います~。

12月には3~4回ほどオフに参加する予定なので今からとても楽しみです!

それではまた。連絡先: Twitter @Tlele8

 

 

バトン先図太いHB霊獣ボルトロスのすゝめ【S4最高1992最終1911】

f:id:squirtle328:20180120161912p:plain

お久しぶりです。初めての方ははじめまして。イクラです。

テスト前だというのに勉強そっちのけでレートしてましたが1992止まりになってしまいました。その点すごく悔しいですが、今期(特に終盤に)活躍してくれたバトンバシャーモ+図太いHB霊獣ボルトロスについて語りたかったので記事にしておきます。

並びは以下の通りです。最終日の途中からf:id:squirtle328:20170718102102p:plainf:id:squirtle328:20170718102114p:plainf:id:squirtle328:20170507011109p:plainf:id:squirtle328:20170507011736p:plainになっていましたが、今回は1992まで上り詰めたものの20に乗り損ねたときの並びを紹介します。

ORAS環境で猛威をふるった図太いボルトロス、あなたのボックスで眠っていませんか…?

f:id:squirtle328:20170718123802j:plain

 

構築紹介

以下常体。

経緯

f:id:squirtle328:20170718114032j:plain

6世代で猛威を振るったずぶといボルトロスがボックスで眠っていたため、どうにかして開眼させてやろう、と思ったところメガバシャバトン+図太い霊獣ボルトロスの流れを思いつく。

その次に、ステロ+ある程度の削り要員が欲しくなりマンムーの採用に至る。そして、マンムーと相性が良く、個人的にも使い慣れておりサブのメガ枠としてもスペックの高いメガボーマンダを採用。

ラス2枠は最後まで迷走しており、これも使い慣れていたアシレーヌミミッキュのスイッチトリルを組んでみたり、バトン先にもなるカプ・テテフテッカグヤの並びを組んでみたりしていた。この枠は煮詰めきれておらず、20に乗り損ねた原因と考えている。

各々の詳細

ボーマンダボーマンダナイト

f:id:squirtle328:20170126201929g:plainf:id:squirtle328:20160829165341p:plain

性格:むじゃき 特性:いかく⇒スカイスキン

170-197(188)-150-149(68)-99-189(252)

すてみタックルりゅうせいぐんだいもんじ・はねやすめ

【 調整 】

C → H振りナットレイだいもんじで確1(だったはず)

 

マンムーきあいのタスキ

f:id:squirtle328:20160829165510g:plain f:id:squirtle328:20170506230715p:plain

性格:いじっぱり 特性:あついしぼう

185-200(252)-101(4)-*-80-132(252)

じしん・こおりのつぶて・がんせきふうじ・ステルスロック

 

バシャーモバシャーモナイト

f:id:squirtle328:20160913161611g:plainf:id:squirtle328:20160913163424p:plain

性格:いじっぱり 特性:かそく

155-233(252)-100-*-101(4)-152(252)

フレアドライブとびひざげり・バトンタッチ・まもる

 

霊獣ボルトロス@デンキZ

f:id:squirtle328:20170116165525g:plain f:id:squirtle328:20170104182438p:plain

性格:ずぶとい 特性:ちくでん

185(244)-*-132(236)-167(12)-101(4)-123(12)

10まんボルト・めざめるパワー氷・くさむすび・わるだくみ

【 調整意図 】

H → 奇数で最大

B → 11n 効率最大

C → デンキZ10まんボルトでH4振りミミッキュ確定1

D → 余り

S → 準速キノガッサ抜き

 

アシレーヌ@こだわりメガネ

f:id:squirtle328:20170321121601g:plainf:id:squirtle328:20160913163447p:plain

性格:ひかえめ 特性:げきりゅう

185(236)-*-97(20)-194(244)-137(4)-81(4) ※王冠使用めざ炎

うたかたのアリアムーンフォースめざめるパワー炎ハイドロカノン

 

ミミッキュ@レッドカード

f:id:squirtle328:20170104181839g:plainf:id:squirtle328:20170718103459p:plain

性格:しんちょう 特性:ばけのかわ

162(252)-110-126(204)-*-145(52)-116

シャドークロー・かげうち・のろい・トリックルーム

【 耐久 】

・A特化メガボーマンダの捨て身タックル乱数1発(18.8%)

メガバシャーモフレアドライブ、メガハッサムバレットパンチ、メガギャラドスのA+1たきのぼり(いずれもA特化)確定2

・C特化ギルガルドシャドーボール確定2

 ※Hが偶数なのは、のろい2回でミミッキュが倒れるようにするため

 

各々の解説

f:id:squirtle328:20170717191153p:plainf:id:squirtle328:20160829165341p:plain

一般的な両刀型で、捨て身による反動など消耗が激しいため、羽休めを採用。最終日は意地っ張りASのメガボーマンダを使用していた。どの型がベストかはいまだ迷走している。バシャーモの出番が多すぎたために選出は少なめ

 

f:id:squirtle328:20160829164509p:plainf:id:squirtle328:20170506230715p:plain

先発が主で先発率は6割ほどと高い。主な仕事はステロ撒きや、襷を盾に、先発で出てきやすく、バシャーモの障害になりやすいアシレーヌリザードン、また先発で出てきやすいゲッコウガカプ・テテフなどの削りも行う。

 

f:id:squirtle328:20160829164512p:plainf:id:squirtle328:20160913163424p:plain

主軸。バトンパス要員。準速のミミッキュカプ・テテフとそれを抜く調整などを意識し準速としている。メジャーな型なので特記事項はない。選出率高め。霊獣ボルトロスへのバトンを読まれて打たれるZ技を、守るで空かすようなムーブもあった。

 

f:id:squirtle328:20170116171558p:plainf:id:squirtle328:20170104182438p:plain

地雷枠その1。バシャーモのバトン先で、努力値の殆どをB方面の耐久に割いたちょっと珍しい霊獣ボルトロス。高い耐久のお陰で、バシャーモ呼ぶメガボーマンダ(特化捨て身確3)やギャラドスなどからのダメージを抑えつつ、逆に悪巧みで起点にできるのが最大の強み。

火力は必要最小限までしか割いておらず、不安が残る。一方でデンキZでそこを補っており、デンキZ10万ボルトでH4振りミミッキュを確定で落とすことができ、また元々高い種族値のお陰もあり、悪巧みを積んでしまえば全抜きがしやすい。

ネックがあるとすれば、くさむすびでH振りカバルドンが落ちないので、それを落とせるまでCに回すのもありかもしれない。

このポケモンの強みはQR等で実際に回してみると体感できると思う。

 

f:id:squirtle328:20170321114427p:plainf:id:squirtle328:20160913163447p:plain

地雷技(小学生技)ハイドロカノンを仕込んだ眼鏡型アシレーヌ。主にトリル下で運用するため、うたかたのアリアムーンフォースで事足りることが多いが、ハイドロカノンが役に立つシチュエーションもそれなりにあった。ちなみに海神のシンフォニアより火力は上。ごくまれにバシャーモのバトン先になる。

 

f:id:squirtle328:20170321114417p:plainf:id:squirtle328:20170718103459p:plain

地雷系アイテムを持ったトリル要員のミミッキュ。個人的にトリルミミッキュの結論型。耐久にがっつり割くことで大体の攻撃を耐えるため、確実に仕事をこなせる。(メガボーマンダの捨て身タックル12.5%の乱数1、一舞メガギャラドスたきのぼり確定耐え、いずれもA特化とする)

レッドカードは、化けの皮を盾に積みの起点を回避したり、イーブイバトンなどの対策にもなる。呪いとはアンチシナジーなので注意。経験則上、その後に出てくるポケモンを呪ってしまえば眼鏡アシレーヌの技の圏内に入れることができる(例:メタグロスカプ・テテフギャラドスなど)。トリルの再展開はしない前提の型。前半はSの高いポケモン(ボーマンダバシャーモ等)で荒らし、中盤で切り返すパターンが理想

 

パーティ全体で重いポケモンや並び

f:id:squirtle328:20170423190530p:plainキノガッサ <テュル-wwwwwwwwwwwwwww

胞子が一貫しすぎ、連続技持ちなしなど、明確な対策がない。誰かしら犠牲になる(大体マンムー)。

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainカバルドン

あくびによってバトンを妨害されるのがなかなかしんどい。またボルトロスの草結びが確2なのもきつい(耐久振りすぎの弊害)。

f:id:squirtle328:20170718111545p:plainf:id:squirtle328:20170718111518p:plain雨パ(特にぺリラグ)

ほぼ全員ラグラージの確1圏内。トリルをするかボルトロスで草結びをするかなどの手段はあるが、このように雨パをメタろうとすると後続のポケモン(ナットレイなど)に嵌められる。

f:id:squirtle328:20170116171546p:plain鬼火をぶっぱなしてくるバシャーモ

マンムーが機能停止する。バシャとの対面ではじしんを押すので、ステロも撒けず、バシャも処理できずで辛い。後続の基本選出の場合、後続のバシャ+ボルトに甚大な被害を及ぼすためバトンがしんどくなる。

選出

基本選出

f:id:squirtle328:20170207103713p:plainf:id:squirtle328:20170116171546p:plain f:id:squirtle328:20170207102529p:plain

半分以上はこの選出パターン。マンムーでステロ撒き+削り、バシャーモで加速して霊獣ボルトロスにバトンする〜の流れ。今期はメガボーマンダギャラドス絡みのサイクルをよく見たのでこの流れが刺さることが多かった。

スイッチトリル

f:id:squirtle328:20170116171546p:plainorf:id:squirtle328:20170717191153p:plainf:id:squirtle328:20170718102102p:plainf:id:squirtle328:20170718102114p:plain

序盤はバシャーモボーマンダで荒らし、中盤にミミッキュで切り返し、トリルアシレーヌで〆る流れが理想。状況次第ではバシャーモアシレーヌにバトンを渡すこともあった。

 

パターン的なものは以上。その他臨機応変に選出する。

 

QRレンタルチーム

3ds-sp.pokemon-gl.com

 

以下敬体。構築の紹介は以上です。是非QRなどで図太い霊獣ボルトロスの強さを体感して頂ければと思います!ここまで読んでいただきありがとうございました!誤字脱字、調整や文脈の誤りからご質問まで@Tetef8にてお待ちしております。

 

以下内輪ネタを含むため、構築だけをご覧になった方はブラウザバック推奨です。

 

 

 

シーズン4総括、近況について

シーズン4総括

今期もエンジンかかるの遅すぎました(^^;

5月は✝スカーフとんぼ返りウルガモス✝なる頭のおかしいポケモンを使用していましたね。懐かしい(幾多のオバヒ外しというやらかしが)。

6月がリアルの都合で潜れず、7月からスパートを掛けましたがレポート課題などに阻まれなかなか潜れずじまいでした。20チャレの選出ミスったのが悔やまれるけど、もうあがいても仕方ないので次を見据えていきたいですね。来季は夏休みで、それはそれで部活で忙しくなりますが頑張りたいと思います、オフもありますからね^^

この構築ももっと煮詰めていきたいと思ってます。

ラスチャレについて

7/15の真皇杯ラスチャレ、僕は亀戸会場でスタッフとして参加しました。初めてのスタッフで色々ご迷惑をおかけしたと思いますが、いつもと違う視点からオフを見れて新鮮でした!亀戸主催のリベラさん、スタッフの牛虎さん、あろるふぁすさん、がちゃさんとしばえんさん、また真皇杯主催のトルンさん、フレ戦してくれたりお話してくださった皆さん、そしてスムーズな進行に協力してくださった参加者のみなさん、本当にありがとうございました。

会場駅近ですし、和室での対戦オフがなかなか新鮮でしたし、昼に牛虎さんと組長と行った餃子屋さんが美味しかったので亀戸が気に入ってしまったかもしれないです()

f:id:squirtle328:20170717160013j:plain

f:id:squirtle328:20170718122102j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s. 

f:id:squirtle328:20170718122420p:plain

いい加減勉強します…