きれいなハネ振興委員会

ポケモンSM シングルレートのあれこれ

【ポケモンSM S2最高2018】上から下から高火力で殴るだけ feat.カバリザ【最終2003】

まえがき

どうもイクラです。今シーズンも無事2000に乗せることができました。

今期はサンムーンでポケモンバンク解禁後初めてのシーズンということで、シーズン2はずっと砂パを使っていましたが、メタグロスの増加などの環境の変化に適応できず、砂パでの最高レートは1913で終わってしまいました。これでは終われないと思いつつも構築がなく悩んでいたとき、フォロワーさんからトリルアシレ+ナットレイをお勧めされ、もとは砂パと組む予定でしたがメタグロスが憎かったのでこのような並びになりました。

※この記事では、「トリックルーム」→「トリル」等、非公式な略称を使用しますので予めご承知おきの上ご覧ください。

f:id:squirtle328:20170321112121p:plain

f:id:squirtle328:20170321123023j:plain

上のように、最高レートは2018です(マッチング時のときシャッターがおりなかったので)。

以下常体。

 

パーティコンセプト

単刀直入に言えば「高火力ポケモンの高火力技を高いSから、場合によってはトリルして低いSから押し付けることで相手のサイクル崩壊を狙う」こと。

個々の役割としては、

f:id:squirtle328:20170321114406p:plainf:id:squirtle328:20170321114411p:plainメガリザードンYやスカーフカプ・テテフで上から高火力で殴る

f:id:squirtle328:20170321114427p:plainf:id:squirtle328:20170321114430p:plain或いはトリルをして、アシレーヌナットレイで下から高火力で殴る

f:id:squirtle328:20170321114417p:plainトリル要員

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainサイクルを回す際の潤滑油役

 という感じ。ミミッキュアシレーヌorナットレイで下から荒らして、トリルが切れた後にスカーフテテフで一掃する、という流れもあった。

 

個体紹介

カバルドンゴツゴツメット

f:id:squirtle328:20170321115413g:plainf:id:squirtle328:20170321115451p:plain

性格:わんぱく 特性:すなおこし

努力値:H252 A4 B252

実数値:215-133-187-c-92-67

技構成:じしん・がんせきふうじ・あくび・なまける

 

リザードンリザードナイトY

f:id:squirtle328:20170321120248g:plainf:id:squirtle328:20170321120350p:plain

性格:おくびょう 特性:もうか→ひでり

努力値:C252 D4 S252

実数値:153-a-98-211-136-167

技構成:オーバーヒート・かえんほうしゃソーラービーム・げんしのちから 

 

カプ・テテフ(かばんちゃん)@こだわりスカーフ

f:id:squirtle328:20170104181106g:plainf:id:squirtle328:20170321120818p:plain

性格:ひかえめ 特性:サイコメイカー

努力値:B4 C252 S252

実数値:145-a-96-200-135-147

技構成:サイコキネシスムーンフォース10まんボルト・めざめるパワー地面

 

ミミッキュ(Yuru*Chara)@メンタルハーブ

f:id:squirtle328:20170104181839g:plainf:id:squirtle328:20170321121047p:plain

性格:しんちょう 特性:ばけのかわ

努力値:H252 B204 D52

実数値:162-110-126-c-145-116

技構成:シャドークロー・のろい・おにび・トリックルーム

※C特化ギルガルドシャドーボール耐え、A特化メガハッサムのバレパン確定耐え 

 

アシレーヌ(アルシオーネ)@アシレーヌ

f:id:squirtle328:20170321121601g:plainf:id:squirtle328:20170321121551p:plain

性格:ひかえめ 特性:げきりゅう

努力値:H252 C252 D4

実数値:187-a-94-195-137-80

技構成:うたかたのアリアムーンフォースアクアジェット・ほろびのうた

 

ナットレイ(ナメタケ)@こだわりハチマキ

f:id:squirtle328:20170321121829g:plainf:id:squirtle328:20170321121848p:plain

性格:ゆうかん 特性:てつのトゲ

努力値:H252 A252 D4

実数値:181-160-151-c-137-22

技構成:パワーウィップ・タネマシンガン・ジャイロボール・はたきおとす

※S個体値0

 

個別解説

f:id:squirtle328:20170321114401p:plainf:id:squirtle328:20170321115451p:plain

普通の腕白HBカバルドン。相手の砂パの選出を牽制したり、カプ・レヒレを誘ったり、リザYの苦手な電気タイプの選出を牽制することができ、見せ合いだけでも大きな役割を果たした。また、砂を撒いて相手のタスキを潰すことが可能。一度やけどした慎重HDメガボーマンダに押し負けたので、がんせきふうじの枠をこおりのキバにするのも一考の余地あり。

f:id:squirtle328:20170321114406p:plainf:id:squirtle328:20170321120350p:plain

上から殴る役その1。ウルガモスや最速やスカーフ持ちでない霊獣ボルトロスに対して役割が欲しいので最速。げんしのちからはリザードンミラーや数こそ少ないがもらいびシャンデラ対策。ギルガルドが良く出てくるのでかげうち圏内に入らないようHP管理が重要。

見せ合いでリザXに見えるのかよくカプ・レヒレなどの水タイプが出てくるので美味しかった。

めざ氷個体のためD4振りとしているが、めざ氷を入れるとだいもんじ/ソーラービーム/ニトチャ/めざ氷のような技構成になり、炎技をだいもんじだけにするのは命中面で不安があるので採用を見送った。ガブリアスボーマンダは後続で対処できるので、めざ氷が必要な場面は少なかった。アシレーヌと同時選出すると日照りで水技の威力が下がるので注意。

f:id:squirtle328:20170321114411p:plainf:id:squirtle328:20170321120818p:plain

相棒枠、上から殴る枠その2。シーズン1のデンキZ持ちと同じ個体。今回はスカーフでの採用。高火力+先制技無効+高いSが弱いわけがなく、例えばHPが1でも残っていればメガルカリオを落とせるのが強い。相手のヒードランを呼ぶので交換際で打って負担を与えられるめざ地を採用。

f:id:squirtle328:20170321114417p:plainf:id:squirtle328:20170321121047p:plain

トリル要員兼受けループ対策。もとはフィラのみを持っていたが、見せ合いでトリルを読まれることが多くちょうはつされるのが嫌だったこと、フィラのみを持たせると場持ちが良くなりトリルターンを稼いでしまい、回復が逆にディスアドだったためメンタルハーブを持たせた。発動したことはなかった。のろいはHP半分以下でも使用でき、自主退場ができるのがGood。

f:id:squirtle328:20170321114427p:plainf:id:squirtle328:20170321121551p:plain

下から殴る枠その1。激流が発動すれば向かうところ敵なし。特にガルーラスタンはパーティ全体で水技の通りが良いことが多い。眼鏡でない理由は先制技が欲しかったから。わだつみのシンフォニアで守るを貫通できるのも大きい。滅びの歌の枠は要検討。レヒレが良く出てくるのでエナジーボールを入れるのもあり。リザードンと同時に出すとひでりで水技の威力が下がるので注意。極力同時選出は避けたい。

f:id:squirtle328:20170321114430p:plainf:id:squirtle328:20170321121848p:plain

下から殴る枠その2。初めてハチマキナットレイを使用したが、想像以上に強く驚いた。相手の炎枠を誘う役。ナットレイ対策が乏しい場合、ガブで剣舞するなどして強引に突破してくることが多いので、その隙にジャイロボール等を打つことでガブリアスの場合無償突破が可能。受けル崩しやリサイクルカビゴン対策にもなった。タネマシンガンはミミッキュ対策だが打ったことがない。

 

 選出・立ち回り

見せ合いで方針を決める。基本的に①②のどちらか。

①上から殴る場合

f:id:squirtle328:20170321114406p:plainf:id:squirtle328:20170321114411p:plainf:id:squirtle328:20170321114401p:plain

レヒレ、ブルルなどでトリルアシレーヌの通りが悪い時は大体リザYが通るのでこの選出。カバ+リザのサイクルで荒らし、終盤はテテフで〆の流れが多い。

②トリルを使う場合

f:id:squirtle328:20170321114417p:plainf:id:squirtle328:20170321114427p:plainf:id:squirtle328:20170321114430p:plainorf:id:squirtle328:20170321114411p:plain

相手のパーティに水技の通りが良いときに。カバリザやマンダマンムー、ボルトランドなどのときはこのように選出。ナットレイアシレーヌとトリルエースを2体並べたり、ナットレイを出さない場合トリルが切れた後テテフで〆のような流れもある。

③受けループ

f:id:squirtle328:20170321114406p:plainf:id:squirtle328:20170321114417p:plainf:id:squirtle328:20170321114430p:plainほか

リザードンがXと読まれることが多いので。ナットレイでラッキーの輝石を叩いたり云々。

 

重いポケモン・並び

f:id:squirtle328:20170321114417p:plainミミッキュ

タネガンを持つナットレイを投げたいが、ドランやリザードンなどの炎枠と同居していることが多いため出せないことが多いのがつらい。Dが高いのでテテフのサイキネを耐えられるのもつらい。

f:id:squirtle328:20170321143251p:plainカミツルギ

テテフのサイキネを耐える調整を施してくることが多いのでテテフでは倒せない。カバリザ対策で採用されることが多いと思うので辛い。特性のお陰で死に出しが利かない。

 

他にもいっぱいいますが突起して辛いのはこの2匹です。

 

QRレンタル

3ds.pokemon-gl.com

 

以下敬体。構築そのものの紹介は以上です。

質問等はコメント欄かTwitter@Tetef8にどうぞ。ツイッターのほうがレスポンス早いです。

Special Thanks

ミミッキュアシレナットの並びを紹介してくださり、ミミッキュの育成済み個体、理想個体のアシマリを提供、鉢巻ナットレイを貸してくださったmk(@maaak_poke)さん(調整の掲載許可も頂きました)

・げんしのちからを遺伝した理想めざ氷ヒトカゲを分けて下さったコウ(@cocco0209908)さん

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

あとがき

シーズン最終日、2017年3月20日、僕はこんなことを言っていました。

 その前の日に同じ構築でメインロムを1842まで溶かしたのでやる気は尽きてましたが、蓋を開けてみれば真っ赤な嘘でしたね(^^;。なんせTLでみんな20乗っけたついっとしてるもんですから戦闘意欲が掻き立てられるのはやむを得ないですね(謎)

何はともあれ2シーズン連続で20乗せられてよかったです。シーズン1のときにも言いましたがまた最終日追い上げで乗ったのでもっと余裕を持って20乗せてその上を目指していきたいです。

 

本記事から目次をつけて見やすさを追求したのですがいかがでしょうか?個別紹介など「こうしたほうがもっと見やすい分かりやすい」などのご意見等ありましたら@Tetef8までお願いします。