言いたいことは山のごとし(^^)

きれいなハネ振興委員会

ぽけもんのことについていろいろ

【ポケモンSM S5,S6使用構築】POWER PRESSING!!【S5最高1946】

f:id:squirtle328:20171110212523p:plain

はじめに 

こんにちは、お久しぶりです。初めましての方は初めまして。イクラです。

S5で使用し、S6まで温めてはいましたが多忙のためレートに精を出せずに終わってしまったためここで公開します。所謂"対面構築"です(異論があったらゴメンナサイ)。

戦績はシーズン5で最高1946でした。決していい成績ではありませんが、USMでおそらくグロパンガルーラを使用できないでしょうし、忘れ去られるのも勿体ないので、この構築の何か一つでも参考にしてくれる/昇華させてくれる人がいることを期待してここに残したいと思います。

また、この構築の原案は夏ごろにゆたしさんから頂きました。感謝申し上げます。そのためポケモンの採用理由の過程は省かせていただきます。ご承知おきください。

以下あとがきまで常体です。

f:id:squirtle328:20171110233450j:plain

もくじ

 

構築紹介

f:id:squirtle328:20170915221124p:plain

※S5まではアシレーヌを採用、S6からスイクンに変更。スイクン入りを結論としているため後者メインで執筆します。また、一部のポケモンの技構成が異なりますが、最終的な構成は以下で解説します。

 

パーティコンセプト

6世代のときによく見受けられたガチガチの対面というわけではなく、サイクルの要素をある程度絡めている。

グロパン持ちメガガルーラを軸とし、それを補うサブのメガ枠としてボーマンダを採用。序盤では主にガルーラ、ボーマンダスイクンで荒らし、それをギルガルドカバルドンでサポートし、一通り場を荒らして最終的にスカーフテテフで〆るのが基本的な流れとなる。序盤~中盤では、ガルーラorボーマンダ/スイクン/ギルガルドで1体倒す+次に致命傷を負わせられるまでを目標とする。また、テテフの一貫性を作ることができるようにする。勿論、これはコンセプトであり、相手の構築に対して臨機応変に対応する。

また、構築全体として炎タイプのポケモンを採用しておらず、鋼タイプを呼びやすくしている。これにより、ガルーラやギルガルドでの奇襲が成功しやすいようにしている。

 

採用過程

原案は自分が考えたわけではないので割愛。

ただ、アシレーヌスイクンに変更している。この理由は対ミミッキュに対して初手対面で高確率で勝てるポケモンが欲しかったため。

 

個体詳細

1. ガルーラ

f:id:squirtle328:20171111201302p:plain

2. カプ・テテフ

f:id:squirtle328:20171113214130p:plain

 

3. ボーマンダ

f:id:squirtle328:20171110220236p:plain

4. スイクン

f:id:squirtle328:20171110220341p:plain

 

5. カバルドン

f:id:squirtle328:20171110220438p:plain

 

6. ギルガルド

f:id:squirtle328:20171110220453p:plain

 

 

個別解説

f:id:squirtle328:20170216224949p:plain

この構築のエース。対面構築といえばこいつ。6世代で猛威を振るったグロウパンチ持ちガルーラ。この構築に対してよく出てくるテッカグヤナットレイなどに刺さるほのおのパンチが肝。また、タイプ一致最高火力としてすてみタックルを採用。この3技を打っているだけで試合が終わることも少なくなかった。

ラスト1枠は迷走しており、ここでは一番有用であったじしんになっている。採用していた技としてふいうちシャドークローがあり、前者はグロパン後に霊獣ボルトロスを倒すことすらできず、勝ちに結びつくことが少ないので非推奨、後者はミミッキュに対しての打点として採用していたが、火力が中途半端であった。ORAS厳選の手間がかかるため使用しなかったが、ドレインパンチも一考の余地あり(後述)。

キノガッサが構築単位で重いため、Sをキノガッサ抜き+2までは最低限確保。初手で対面した際はほのおのパンチを打っていた。また、カプ・レヒレと対面した際は基本グロパン。

 

f:id:squirtle328:20170207100624p:plain

個人的に、スイーパーとして絶対的な信頼を置いているスカーフテテフ。コケコやボルトロスに対して投げることもしばしば(デンキZに注意)。カバリザやルカリオミミッキュの類の構築に対してよく出していた。初手で投げても耐えられて返り討ちに遭うことが多いので、相手のポケモンが疲弊した中盤~終盤に繰り出すと活躍する。

 

f:id:squirtle328:20170126201504p:plain

当初は陽気AS型であったが、両刀型を経て完全特殊型に至る。一般的なメガボーマンダを受けるために投げられる物理受けや電気(例:カバルドン、霊獣ランドロス、霊獣ボルトロスヒートロトム、相手の型次第ではテッカグヤ)に対してアドバンテージがとれる。

火力がギリギリなため性格はひかえめである。Sに補正を掛けないことで困るのは対カミツルギくらい。技構成はタイプ一致のハイパーボイスりゅうせいぐん、鋼への打点としてだいもんじマンムーヒートロトムに刺さるハイドロポンプを採用。ハイドロポンプは、控えめボーマンダ採用当初にお試し程度で入れていたが、想像以上にそれがきっかけで勝てる試合が多かったため採用に至った。

特殊型にすることでの弊害として(=すてみタックルを採用しない)、ミミッキュカプ・テテフメガゲンガーなどのB<D系統のポケモンに対して確1がとれなくなることが挙げられるが、ミミッキュはAB振りが増えた以上、"捨て身を打っていれば倒せる"という行動が安定しなくなっており、またカプ・テテフは襷持ちが多く返り討ちにされる、メガゲンガーは鬼火やこごえるかぜ持ちが多いため、役割対象から外した。

 

f:id:squirtle328:20170207102506p:plain

S5までアシレーヌが陣取っていた枠だが、ミミッキュに対しての対面性能が低かったため変更した。

ミミッキュリザードンなど、KP高めのポケモンに対して対面で勝てるミズZスイクン。殆どのカバリザ構築には初手で出していた。立ち回り等の詳細はリンク先を参考にされたい。

ハイドロポンプ、こごえるかぜは確定で、めいそうはポリゴン2テッカグヤなどの耐久ポケモン対策で、ミラーコートカプ・テテフアシレーヌへの回答として採用。リンク先ではめいそうとみがわりの併用を推奨しており、当初はそのようにしていたが身代わりを使用する場面が少なかったためミラコに変更した。

耐久型のイメージが強いせいか、アタッカー型と読まれることは少なかった。

sheullotpokemon.blog.fc2.com

無断リンクのため問題があればお申し付けください。

 

f:id:squirtle328:20170321114401p:plain

至ってオーソドックスなHBカバルドンで、特記事項はない。メガメタグロスメガバシャーモに雑に投げたり、あくびで厄介なポケモンを流したりメガガルーラの起点をつくったりした。こいつのお陰でカプ・レヒレが結構な頻度でやってくる。選出率は低め。

 

f:id:squirtle328:20170507004344p:plain

技構成は一般的な毒守ガルドのそれだが、持ち物にゴーストZを持たせることで、陰キャ系だと思って悠長な行動をしている際に奇襲することができる(快感^^)。主な役割対象は、主にテテフが呼ぶ鋼鉄類(例:ナットレイテッカグヤルカリオなど)、他にミミッキュ(キンシを空かされることが少ないので)、クレセリアポリゴン2など。有利不利が比較的はっきりしているので、相手の交代先を読みやすい。

 

苦手なポケモン、並び

f:id:squirtle328:20170507005133p:plainf:id:squirtle328:20170104182102p:plain

カバルドン+慎重テッカグヤ

テッカグヤを見るためのガルーラはカバで疲弊し、特殊ボーマンダではカバルドンは倒せるがテッカグヤを突破できない。スイクンはミズZを消化したらカグヤや取り巻きで詰む(そもそもスリップが辛い)。

 

f:id:squirtle328:20170616201010p:plain/f:id:squirtle328:20170718111545p:plainf:id:squirtle328:20170718111518p:plain/f:id:squirtle328:20170616201057p:plain

雨パのメガラグラージ/キングドラ

雨下のメガラグラージを止められるポケモンがHPフル時のスイクンくらいしかいない。また、アシレーヌスイクンに変えたことでキングドラが非常にしんどくなったが、個体数が少ないため切った。

 

f:id:squirtle328:20171111001722p:plain

メガバンギラスとその取り巻き

有利と言えるポケモンカバルドンくらい。竜舞を積まれるだけで1体以上は持っていかれるため非常に辛い。特にボーマンダギルガルドは手も足も出ない。てか特殊方面硬すぎ。ガルーラにドレインパンチを採用する理由はここにあるかも。

 

Special Thanks

構築の原案をくださったゆたしさん

ひかえめなスイクンを貸してくれた牛虎さん

 

あとがき

というわけで皆さんSM環境お疲れさまでした!S6が終わって構築記事を見ていると、完成度の高い構築ばかりで、S6のブランクで自分が大きな遅れをとってしまっていることを痛感しました。あと一週間で新作の発売ですが、ちょうど余っていたムーンの周回をしてストーリーのおさらいをしつつカプ系とUBを回収していこうと思います~。

12月には3~4回ほどオフに参加する予定なので今からとても楽しみです!

それではまた。連絡先: Twitter @Tlele7